給水・排水管更新、大規模修繕コンサルタント、管理費削減コンサル,、,理事会支援のご相談は大橋マンション管理士事務所へ

大規模修繕工事時期

  • HOME »
  • 大規模修繕工事時期

◎大規模修繕開始の時期

大規模修繕はいま本当に必要なのでしょうか。管理会社に促されるままに準備を進めていませんか?また単に10年以上経過したからといって進めてはおりませんか?一般に大規模修繕の実施時期は12年周期とも言われていますが、あくまで目安でしかありません。重要なことはまず修繕が必要な時期であるかを見極めることであり、その手立てとなるのが「建物・設備の簡易診断」です。これによって建物外壁や屋上防水をはじめ各箇所の劣化度合いを診断することができ、修繕の要否を判断する材料を提供してくれるのです。 これは新築工事、営繕工事を沢山経験で得た貴重な財産と自負致しております。

★大橋マンション管理士事務所は「建物・設備簡易診断」のご依頼も承っています。     詳しくは「建物と設備の診断」ページをご覧ください。

            

◎大規模修繕計画の立案(工事設計):

いざ修繕を行う場合、最初に修繕や機能改善の必要な項目を洗い出し、工事仕様を決定するために、設計コンサルタント(設計事務所、マンション管理士等)を選定するのが一般的なやり方です。設計コンサルタントはどのようにして探したらよいでしょうか? よくやられている方法は3つほどあります: 一つは管理委託会社に依頼する、しかもその後の施工会社選定まで含めていわゆる”丸投げ”する方法です。管理組合にとっては一番楽な方法ではありますが、じつは最悪の方法と言えます。管理会社からすれば自社の系列または関連の設計、施工業者を採用することができ費用決定の経緯が不透明です。結果的に高い費用を支払うことになります。 二つ目によくあるのは、理事の紹介(いわゆるコネ)で設計事務所を選ぶ場合です。本当にいい事務所ならいいですが、経験の少ない事務所に依頼をしてしまっては満足のいく修繕はできません。金額の多寡以前の話です。しがらみのあるコンサルは良く考慮し公平、冷静な判断を仰ぎたいものです。 三つ目にインターネット検索で探す方法があります。実績のある事務所をさがして依頼するのはいい手段ですが、ここでポイントとなるのは、まず4~8社を候補として選びその中からベストな建築コンサル(設計コンサル、マンション管理士等)を決定して進めることです。パンフや経歴書を持参して来て頂く、実際に会って話を聞き自分達の目で確かめ決定することが一番ではないでしょうか。

大規模修繕工事の実態調査はこちらです。

大規模修繕工事開始の注意すべき事項

正しい知識を持って進めていかなければ、不必要な工事を勧められたりして、専門知識の欠落から管理組合の区分所有者は不安を覚えることも多々あります。特に大規模修繕工事(給排水管更新工事)は、慌てず慎重に計画することです。コンサルタントが最初に進める事は現状の把握です。マンション内でお勧めできないことは、区分所有者に専門的知識があり建設業界にいた方が組合を主導していくことです。知識は沢山あってもいいのですが同じマンション内でのぎくしゃくを生じ、利益相反に当たらないとも限りません。それにその方が公正に物事を判断できる方ならいいのですが・・・違った見方や判断をされると、取り返しのつかない状態になります。 またしっかりした事前調査を行うためには、外部専門家を中心とした調査チームを編成する必要がありますので、以上のことをまとめますと、当社では以下のような手順で進める方針です。<メンバー構成> 大規模修繕工事・給排水管更新工事 ①修繕委員会の管理組合メンバー ②建築・設備コンサルタント(当事務所) ③設計図、仕様書、概算金額の算定補助を行う設計事務所。100戸以上委託(100戸以下は当事務所にて対応可能)

◎参考: 大規模修繕設計事務所(コンサルタント)の決め方

またしっかりした事前調査を行うためには、外部専門家を中心とした調査チームを編成する必要がありますので、以上のことをまとめますと、当社では以下のような手順で進める方針です。

<メンバー構成>

大規模修繕工事・給排水管更新工事

①修繕委員会の管理組合メンバー

②建築・設備コンサルタント(当事務所)

③設計図、仕様書、概算金額の算定補助を行う設計事務所。100戸以上委託(100戸以下は当事務所にて対応)

◎参考: 大規模修繕設計事務所(コンサルタント)の決め方

大規模修繕とは

大規模修繕イラスト

人間同様、建物・設備も古くなればあっちこっちにガタがきます。雨漏り、外壁のひび割れ、タイルの剥離、モルタルの剥離、防水層の亀裂、人間に例えれば内臓である配管の劣化、設備機器の老朽化等々・・・その結果、さまざまなところに影響がでて快適さを失うばかりでなく、その維持保全には多大なコストがかかります。

◎大規模修繕の目的と内容

経年変化による建物の劣化を完全にあるいは永久に食い止めることは不可能ですが、劣化を遅らせ建物を長持ちさせる努力を怠るわけには行きません。そのために行われる作業として、点検(劣化の度合いの調査)メンテナンス(=保守:最適な状態を維持する作業)そして修繕(劣化部を修復)があります。大規模修繕は、定期的に建物の劣化度をチェックし痛んだ箇所を実用上支障のない状態に修復する大変重要な工事となります。

しかし、じつはマンションの不具合箇所は劣化による部分だけとは限りません。社会環境や生活スタイルの変化により建物設備の機能として新たに要求されてくる部分も出てきます。せっかく多大な経費をかけて建物全体を見直す大工事を行う機会なのですから、こうしたグレードアップ(機能の改善)も視野に入れた工事計画を立案することが望ましいといえます。

○劣化を修復する事 外壁修復・再塗装、鉄部塗装、防水再加工・・・など
○機能を改善する事
(グレードアップ)
給水ポンプ方式の変更(増圧方式)、セキュリティ強化、段差解消(バリアフリー化)・・・など

大規模修繕開始の時期

◎大規模修繕の時期:

大規模修繕はいま本当に必要なのでしょうか。管理会社に促されるままに準備を進めていませんか?また単に10年以上経過したからといって進めてはおりませんか?一般に大規模修繕の実施時期は12年周期とも言われていますが、あくまで目安でしかありません。重要なことはまず修繕が必要な時期であるかを見極めることであり、その手立てとなるのが「建物・設備の簡易診断」です。これによって建物外壁や屋上防水をはじめ各箇所の劣化度合いを診断することができ、修繕の要否を判断する材料を提供してくれるのです。 これは新築工事、営繕工事を沢山経験で得た貴重な財産と自負致しております。

◎大規模修繕計画の立案(工事設計):

いざ修繕を行う場合、最初に修繕や機能改善の必要な項目を洗い出し、工事仕様を決定するために、設計コンサルタント(設計事務所、マンション管理士等)を選定するのが一般的なやり方です。設計コンサルタントはどのようにして探したらよいでしょうか?
よくやられている方法は3つほどあります:

一つは管理委託会社に依頼する、しかもその後の施工会社選定まで含めていわゆる”丸投げ”する方法です。管理組合にとっては一番楽な方法ではありますが、じつは最悪の方法と言えます。管理会社からすれば自社の系列または関連の設計、施工業者を採用することができ費用決定の経緯が不透明です。結果的に高い費用を支払うことになります。

二つ目によくあるのは、理事の紹介(いわゆるコネ)で設計事務所を選ぶ場合です。本当にいい事務所ならいいですが、経験の少ない事務所に依頼をしてしまっては満足のいく修繕はできません。金額の多寡以前の話です。しがらみのあるコンサルは良く考慮し公平、冷静な判断を仰ぎたいものです。

三つ目にインターネット検索で探す方法があります。実績のある事務所をさがして依頼するのはいい手段ですが、ここでポイントとなるのは、まず4~8社を候補として選びその中からベストな建築コンサル(設計コンサル、マンション管理士等)を決定して進めることです。パンフや経歴書を持参して来て頂く、実際に会って話を聞き自分達の目で確かめ決定することが一番ではないでしょうか。

大規模修繕工事の流れと管理方式

◎大規模修繕工事の流れ:

一般的な大規模修繕工事の流れは以下のパターンの通りです。

工事業者イラスト
  1. 管理組合の発案
  2. 専門委員会の設置・検討
  3. 専門家(コンサル)の決定 ⇒調査・診断依頼
    ↓         「建物診断調査」の実施
  4. 診断・調査
    ↓[調査・診断書契約] ←調査、診断、修繕基本計画
  5. 基本計画書の作成、報告
    [図面、仕様書の作成]
    ↓設計・仕様書作成 契約 ←修繕設計図提出
  6. 施工業者の決定
    ↓施工業者選定への協力
  7. 資金計画の再検討、見積もり条件書
    ↓現場説明、図面渡し
  8. 総会決定(普通決議)、業者見積もりチェック等
  9. 工事請負契約、工事監理委託契約の作成
  10. 工事着手、工事監理                                                                                           
大規模修繕工事のポイント
その(修繕時期かどうかのジャッチで す。 最重要な事はいいコンサルを選定できるかどうかでお金、工期、出来栄えが蹴ってします。
調査診断の結果が良好でまだ工事しなくてもいい時期であればもう少し先に延ばすことも可能です。すぐ工事が必要な時期であれば12年周期なんて関係ありません。建物の寿命を延ばすことと、将来の計画が重要です。また本当に信頼できるパートナーを獲得することによって、計画中もしくはこれから計画する「大規模修繕工事」を成功させることができます。こちららは単純に大規模修繕工事の流れを説明をしております。

大規模修繕、建物設備診断のことはベテラン建築士のいる大橋マンション管理士事務所にお気軽にご相談ください。

  1.            

お気軽にご連絡ください TEL : 042-583-9680
FAX: 042-513-8680
【月~金曜】9:00~18:00

営業エリア

東京都多摩地区:
・日野市・立川市・多摩市
・八王子市・昭島市・青梅市
・国立市・国分寺市・羽村市
・府中市・小金井市・小平市
・三鷹市・東村山市
・東大和市・武蔵村山市
・稲城市・調布市・武蔵野市
・西東京・東久留米市・清瀬
・町田・福生市・あきる野市
東京都23区:
・新宿区・渋谷区・杉並区
・練馬区・中野区・世田谷区
・板橋区他
神奈川県:
・川崎市・相模原市・大和市他
埼玉県:
・さいたま市・新座市・朝霞市
・川口市・所沢市

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 大橋マンション管理士事務所 All Rights Reserved.