給水管・排水管更新、大規模修繕コンサルタント、マンションコンサルタント、,理事会支援マンション諸問題のご相談は大橋マンション管理士事務所へ

マンション管理費削減方法

管理費削減の仕方

管理費削減の目的(マンション管理費の削減)こちらも参考にしてください。

毎月の管理費と修繕積立金に納得しておりますか。? あなたの疑問にお答えします。tp@tama-plan.com

管理費と修繕積立金は別のもの     忙しい方はこちらへ

管理費は毎月マンションの共用部の管理及び維持修繕に使用するお金です。
修繕積立金は一定年度経過したマンションの維持修繕の為集めるお金で、管理費とは別の口座に保管されます。
管理費の使途明細と積立金がマンション管理組合にいくらあるのかは知っておくべき金額です。
マンション管理費の相場額(近隣を含む)等を分析をし管理会社変更も視野にいれ、修繕積立金等も含めた将来の資金計画の見直しを行い、将来に備える事が重要です。概ね以下の3点が管理会社変更を行いこれに期待するところですが、期待できない点は当事務所にお任せいただければいずれも対応・実現が可能です。

◎管理会社変更の理由・目的:

    1. 管理の質の向上 -現状維持もしくは現状以上を希望するケース
    2. フロントマンの対応改善したい。
    3. 管理費削減 -目標削減率:20%前後期待

管理費や修繕積立金の金額を聞かれたら、ほとんどの人がすぐにその金額を答えれます。ところが、その管理費が他のマンションと比べて高いのか安いのか尋ねられたら、すぐ答えれる人は限定されます。

なぜなら、管理費は管理会社の言われるままに支払っており、管理費の「世間相場」がわかる人が少ないからです。東京のマンション管理費は高すぎます。特にマンションの管理費はほとんどの場合、新築時にディベロッパーによって当初決定された系列の子会社である管理会社に全面的に委託されております。その理由は子会社である管理会社を既製の事実として新築時の1年間は無条件に採用できるからです。その為コストとサービス内容の関係が不透明なまま、多くの区分所有者が納得のいかない高い管理費を払っている現実があります。

管理費及び修繕積立金の削減は管理委託費契約書の内訳精査することで明らかになります。

管理費を削減するにあたり、管理委託契約書を理解されているか、中身を御自分で説明できるようであればいいのですが、理解されていなければマンション管理士またはマンションコンサルタントを入れて検討すべきです。簡単にいえば、事務管理経費、管理員業務費、清掃業務費、建物・設備管理業務費、ELV保守費等です。但し管理会社によってはELVを建物・設備管理業務費に入れる会社もあり、一般の方が理解できるほど仕組みは複雑に作成されます。この管理委託契約書を理解し節約することが管理費削減の一歩です。

マンション管理費、管理委託費の削減はマンション管理士に依頼し管理委託契約書の見直しを行うことがより効果的です

高齢化を迎えた昨今、大規模修繕工事を考えた修繕積立金の確保という点からも、管理費の見直しは重要です。将来のマンションの姿を見据えた計画が目的です。管理費削減に関心を持ち管理費の使い道、管理委託業務費が適正かどうかのチェックを行うことは必要です。管理費削減への取り組みは管理費の削減自体だけが目的ではありません。管理費削減を行うには現地調査の上、管理委託契約書を見直し無駄は省き、管理組合様に最善の管理費削減プランを提供します。

◎こちらもご覧ください: 日本のマンション事情

時代の変化で管理費削減を考えましょう。

管理費削減の多い要望は下記の通りです。
管理費が高いとは思うが専門知識がないので、専門家の立場から適正かどうかを見て欲しい。
✪ 現在の管理会社に支払っているコストとの妥当性を検証したい。
✪ 無駄なコストをカットして将来不足する修繕積立金に振り替えたい。
✪ 電気料や保守メンテナンス費の削減も可能か、理事の多数が納得のいく金額にしたい。
✪ 安くするだけでは不安なので、その金額で適正な管理が可能かを踏まえ交渉や業者選定の
 サポートをお願いし修繕積立金が不安なので管理費を抑えてその分を修繕費に回したい。
✪ 削減できた費用の有効な運用方法を教えて欲しい。

昨今時代は収入より支出が多くなる時代に入りました。しかしながら、マンションの管理費は誰も高いと言いません。だからこそ、この時期にマンションの管理費削減を検討するべきと考えます。
平均的な管理費の相場は1万9千円位(首都圏70㎡相当)でしょう。じつは、この金額のおよそ2割は減額してもほとんどの管理会社は採算がとれます。言い換えれば、競争原理が働けばその2割の額が節約可能だということです。 この2割の金額は年間で考えれば多く、10年のサイクルで考えれば相当な金額です。この金額を有効活用できるかどうかは管理組合様(理事)次第です。

管理委託費削減の報酬
管理費削減コンサルティングでは、現地調査や書類調査を行い、現管理会社との委託契約書の業務内容、管理委託外の費用とその内訳を確認したうえで、*現管理会社との交渉*複数の管理会社の競争見積を行い、アンケート等を行い効果的な管理費コストの削減を図ります
(具体的な金額はご相談により決定いたします。)
 

大橋マンション管理士事務所は、管理費、管理委託費削減を目指す管理組合様を120パーセントサポートさせて頂いております。

お気軽にご連絡ください TEL : 042-582-1490
FAX: 042-587-7270
【月~金曜】9:00~18:00

営業エリア

東京都多摩地区:
・日野市・立川市・多摩市
・八王子市・昭島市・青梅市
・国立市・国分寺市・羽村市
・府中市・小金井市・小平市
・三鷹市・東村山市
・東大和市・武蔵村山市
・稲城市・調布市・武蔵野市
・西東京・東久留米市・清瀬
・町田・福生市・あきる野市
東京都23区:
・新宿区・渋谷区・杉並区
・練馬区・中野区・世田谷区
・板橋区他
神奈川県:
・川崎市・相模原市・大和市他
埼玉県:
・さいたま市・新座市・朝霞市
・川口市・所沢市

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 大橋マンション管理士事務所 All Rights Reserved.