[増圧ポンプへの交換]

マンションの水道給水は、増圧ポンプ方式に換えてスッキリ

増圧ポンプ

近年、水道給水システムを既存の受水槽方式から増圧ポンプ方式に交換するマンション管理組合様が増えています。上水道から直結給水を行う増圧ポンプ方式では、大きなスペースをとる受水槽が不要となり管理も容易になるためです:

増圧ポンプ方式のメリット

  1. 上水道直結で、おいしい水が飲める。
  2. 受水槽、高置水槽撤去により、管理が楽になり清掃費も削減される。
  3. 跡地が有効利用できる。 例:駐車場の増設、集会場の設置等。
  4. 水槽の交換費用が発生しなくなる。

大橋マンション管理士事務所は、増圧ポンプ方式への変更を設計図面、仕様書の作成の段階からお手伝いします。

大手設備会社で設計技師として長く従事した経験をベースに、当事務所ではCADによる設計と図面の作成が可能です。

◎東京都の皆様へ:

直結給水(増圧ポンプ)方式へ変更の際、道路下の水道管から宅地内水道メータまでの配管の「増径工事」を水道局が施工してくれます。
詳しくは、「東京都水道局ホームページ」をご参照ください。

◎仙台市にお住まいの皆様へ:

当事務所は、仙台市内のマンションの増圧ポンプ工事も承ります。

◎仙台のマンション管理組合様はこちらをご覧ください: 仙台の増圧ポンプ

仙台市水道局ホームページの「直接給水について」の記述もご参照ください。

増圧ポンプ(直結給水方式)と加圧ポンプ(貯水槽方式)の違い

交換工事を検討するにあたり、まずは増圧ポンプと加圧ポンプの違いを理解しましょう。勘違いされてるケースも多くみられます。

◎こちらの「増圧ポンプと加圧ポンプの違い」のページをご参照ください。

-はじめに- なぜ図面が必要なのでしょうか

ポンプ交換工事を発注する際、50戸で380万円の見積業者もあれば250万円もある、といったようにまちまち金額の見積りが各々の業者から出てまいります。このような見積金額の違いは、図面がなく材料が拾えないために起きるので、いわば当然の結果です。
図面がないと業者は安全の拾いをするので、概ね40万円から100万円の見積りの相違が出てきます。試しに図面のない状態で見積依頼を実際にしてみればすぐわかります。例えば1800ccの車を買うとき、車の価格は仕様によって160万から280万円程度まで幅がありますね。増圧ポンプにも様々な仕様があるのです。
その仕様を示すのが図面であり、図面及び仕様書の作成は大変重要です。発注業者によって数量等の違いが出ないように、あらかじめ図面を作成しておくことが必要となるのです。

その他、ポンプ変更の際に留意すべき点等を以下に列記しました。お役に立てば幸いです。

増圧ポンプ(直結給水方式)への変更の要点

図面作成費用

概算で10万円前後です(交通費含)。* 電気配線図も作図します(調査図面作成費共)。
図面作成者: 当事務所(大橋)- 建築設備診断技術者

水道引込管のサイズの確認

  1. 既存受水槽へ流入の給水管口径の確認(既存設計図でわかります)
    この受水槽への引込管サイズが重要です。 御不明な点はお電話下さい。
  2. 水道局申請図と検査費用もかかります。

増圧ポンプに変更できる住戸数の目安

増圧ポンプは概ね15戸から100戸まで可能です。(組み合わせにより300戸も可能)
増圧ポンプは水道引込管のサイズで決定します。

増圧ポンプの価格(2011.4月現在)*仙台市も同様価格です。

増圧ポンプの参考価格を表記します。*工事費は現地の状況次第

1. 20 戸程度の増圧ポンプ ¥800,000
2. 30 戸程度の増圧ポンプ ¥1,300,000
3. 31~40 戸程度の増圧ポンプ ¥1,500,000
4. 41~60 戸程度の増圧ポンプ ¥1,700,000
5. 61~80 戸程度の増圧ポンプ ¥1,900,000
6. 81~100 戸程度の増圧ポンプ ¥2,200,000

工事価格

概算ポンプ価格プラス100万円前後が目安です。(工事、撤去、申請)
*車の修理を電話で見積りできないように、工事価格決定は現地の調査が最も重要な要素になります。上記はあくまでも目安にして下さい。

圧力タンク方式、高置水槽方式のデメリット

  1. 貯水槽の水は塩素系消毒剤が含まれているためまずい。
  2. 水槽の清掃費用が毎年発生する。(受水槽12万円、高置水槽6万円程度)*50戸相当
  3. 上記水槽の交換費用が発生(ポンプ15年毎、水槽20年毎)

その他

付属関連工事としては下記工事が発生します。(実行する、しないは管理組合の自由)

  1. 受水槽の撤去
  2. 高置水槽の撤去
  3. 同上基礎の撤去(跡地利用の為撤去がいいでしょう。)
増圧ポンプ設置例1   増圧ポンプ設置例2

<写真: 増圧ポンプ設置の実例>

増圧ポンプへの変更図面の実例

1.受水槽(加圧ポンプ)から増圧ポンプへの変更図面

※別窓で拡大表示するには、[図面1]をクリック。

2.受水槽と高架水槽の組合せを増圧ポンプに変更する図面

※別窓で拡大表示するには、[図面2]をクリック。

まとめ-工事業者決定の注意点:
 見積予定業者には同じ図面で見積りをさせないと、価格等のばらつきが出ます。
 従って見積用の図面が必要となります。
 可能であれば、業者の見積は一斉にとるのがよい方法です。

★工事は当事務所運営先の多摩プランニング(有)でも施工をしております。
 (増圧ポンプ工事の実績多数あります。)

増圧ポンプへの変更は、大橋マンション管理士事務所にお任せください。ご連絡をお待ちしています。