世の中昔から言われていることわざがあります。「タダより高いものはない」と言われますが、それは本当でしょうか。これは世の中全ての方ではなく、相手の裏の目的を見抜けない人に当てはまる確率が高くなります。企業や他人が持ち込んでくるタダ話には、裏があります。何十万円もの費用のかかる、建物劣化診断と報告書は概ね50万円から100万円もの費用がかかります。それを無料で行います。きっとそこにはどうせ、最終的には当社にお願いするだろうに違いないという計算が成り立っているはずで、引き受けるほうも引き受けるほうでタダだからいいや、いやなら断わればそれで終わりだからいいよね、という安易な気持ちで引き受けます。またこれをベースにりようすればいいよねという・・・・・・軽い気持ちで引き受けます。建設業界は知っている方は知る人ぞ知るで誰が作成したかわかる世界でそんな単純な業界ではありません。

無料で行う方には最低50万円ものコストが発生しております。あの手この手で攻めかたを熟知しております。その点管理組合の理事様方はわかっているようで、分かっておりません。最終的に建物診断は無料で行ってもらい、その代わり大規模修繕工事の設計仕様書の作成と工事監理をおねがいする形で収まった話はあちらこちらの管理組合で聞く話です。また施工業者の入札等も依頼をして工事業者を決めるアドバイスも受け、すっかり信用をしてしますケースが多々あります。

このパターンがすべて悪いとは言いませんが、そこには罠が沢山あることをお知らせします。勿論善良なコンサルタントも数多くあります。しかし選ぶ会社の規模が大きくなるほど罠が沢山あることをお知らせします。

では、罠にかからないようにするにはどうすればいいかですが、住戸数概ね100戸未満は大手のコンサルタント(30名以上)には依頼しないことです。極端な例は200戸以上の住戸は単体の建物ではそう多くはありません。住戸数がまとまれば、団地パターン形式が多くなり、これをまとめるのにはそれ相当のノウハウが必要であり、その辺は大手のコンサルタントは経験をして居ります。20戸のマンションは管理組合が主体でおこなうパターンが多いです。

結論をかけば、30戸から概ね120戸まではこじんまりしたコンサルタントに依頼するのがベストです。

見も知らずの方にただで物事をしてあげる行為は普通の感覚ではありえません。そこには10の無料でも1か所か二か所が依頼してくれれば元がとれる計算が働いているはずです。

ただほど高い物はないはずです。