[管理組合・理事会サポート]

理事会の支援と理事会のサポートをさせて頂きます -大橋マンション管理士事務所

◎管理組合理事長様へ: こちら(「理事長の仕事」)もご覧ください。

理事会は順調に機能していますか?理事の皆さんは協力的ですか?管理規約をご理解されて活動されているしょうか?・・・とかくマンション管理組合の運営には厄介な問題が多く、理事長、理事になられた方々は日々ご苦労を重ねておられることと拝察します。
私どもマンション管理士は、マンション管理運営の専門家として管理組合が遭遇するあらゆる問題を解決へと導くコンサルタントとして活動しています。
管理組合の活動を活発にされたい方は御一読ください。

◎管理組合の構成と役割

マンション管理組合は区分所有者全員で構成されます。マンション購入時点で区分所有者は管理組合の組合員になり、管理組合の運営に責任を負うことになります。従ってマンションの場合、区分所有者全員に管理義務があるのです。

しかし、毎回全員を集めて話し合ったり物事を決めたりするのは現実的ではありません。そこで組合員を代表する理事を選任し、理事会において日常的な懸案事項について各役員からの意見を拾い上げ解決への方向性を見出します。管理組合の理事会はいわゆるマンション管理の『執行機関』です。

◎管理組合役員(理事)の心得

理事の心構えの基本は「自分達の財産は自分達で守る」という認識を持つ事です。
二つ目は管理組合は区分所有法という法律で定められている組織だということです。数億の財産を管理する法人と同等なのです。従って管理運営には公明正大さが求められます。
理事は概ね10戸当たり1名、大型マンションでは20戸に1名を目安とし、規約または総会で決定されます。そこでマンション管理組合の理事会が開催され、理事の中から理事長、副理事長および各分野の担当理事が互選により選ばれることになります。理事長以下各役員の職務は規約に規定されています。

理事長・理事の重責と理事会運営の難しさ

◎理事長の悩み

理事長はつらいよ

理事に就任すると難しい問題が山積しています。相談したくても、親身になってくれる人はなかなかいません。マンションの居住者は誰も手伝ってはくれず、管理組合の活動に無関心な人が多いのがマンションの実情です。理事長に就任するとサポートしてくれるのは管理会社のフロントマンです。・・・・しかし、管理会社のフロントマンは会社の利益を優先する立場であり、問題の内容によっては「利益相反関係」にあります。そうした場合、どこまで信用してよいか解りません。

また理事の中にも往々にして管理組合活動への関心度が低く、早く任期満了を迎えることばかり考えている人がいることもあります。そうなると理事長や熱心な理事たちの負担はますます大きくなり、重要案件を処理することも難しくなり仕事がはかどらなくなります。

マンション管理士の活用

理事長や理事の過剰な負担を軽減し管理組合をスムーズに運営するためにも、マンション管理士の活用を考えてはいかがでしょうか。マンション管理士の仕事は、まさに皆様のマンション管理組合の活動を助け管理運営を円滑に進めて理事長様はじめ組合理事各位の負担を軽減することにあります。
大橋マンション管理士事務所もその理事会の支援を担っております。

[標準管理規約]より
(専門的知識を有する者の活用)
第34条管理組合は、マンション管理士(適正化法第2条第五号の「マンション管理士」をいう。)その他マンション管理に関する各分野の専門的知識を有する者に対し、管理組合の運営その他マンションの管理に関し、相談したり、助言、指導その他の援助を求めたりすることができる。

マンション管理士は、平成13年国土交通省のマンション管理適正化法の制定により「専門的知識をもって管理組合の運営その他マンションの管理に関し、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とする者」として位置づけられております。
認知度が低いせいかまだ知らない方も大勢いることも事実です。マンションの諸問題でお困りの方は是非当事務所にお声をかけて見て下さい。きっと満足の得られる事を御約束致します。

★大橋マンション管理士事務所は、マンションの理事会をサポートいたします。

私たちが問題解決の糸口を提案し、また時に第三者との間に立ってクッションの役割を果たしながら、管理組合また理事会内部に余分な波風を立てず、外部管理会社や工事業者との交渉もスムーズに行います。

★顧問契約料については「費用について-顧問契約料」をご覧ください。

★スポットのお仕事もお手伝いします。あれこれ悩まずにまずはご一報ください。

◎ 初回のご相談は無料にて対応させていただきます。