下町のマンション理事会のお話です。
世帯数は約90戸。理事は5人です。監事が1名合計理事数6人です。
少ないような気がしますが、世帯で割ると15世帯です。輪番制だと15年に
一度まわってきます。やはり少ない気がします。輪番制だと10年に一度がいいような感じです。
経験上ですが・・・・・・・・・・・・・・みなさん数々のマンションでの納得の年数です。

しかしこのマンションはいつも肝心のことになると決まりません。
最終的にはきまって、管理会社の偉い方がでてきて、決着します。
理由は、フロントに色々無理難題を言いつけるので、フロントが上司を呼ぶのです。
この辺は管理会社の計算の範囲内です。(裏をかえせば、手の内を知っているということですか)
気がつかないのは、理事さんがたです。
ここは、重要議事が2対3にいつも分かれます。他の居住者も無関心です。
90戸もあり、長年理事会がまとまりの悪いのを知っているので、またかという冷ややかな感じで
傍観する方が多いのです。
いっそのこと7人に理事を増やせば少し変わるはずです。
また、外部の専門知識を持ったものをコンサルに一定期間入れるのも一案なのですが、
少数の方がマンション内を良くしようとかなり、がんばっているので今、傍観させていただいております。
うまくいくことを願っております。

マンション問題でお困りの方はこちらをクリックしてください。
http://tama-plan.com/boardsupport.html